【看護師の求人】コールセンターのお仕事

看護師の転職先としてにわかに注目を集めている所として、コールセンターがあります。医療分野に特化したコールセンターのサービスを実施している所も増えていて、看護師の持っている医療の専門知識を駆使して各種相談に乗るわけです。

 

コールセンターによって、相談内容はさまざまです。一般の人を対象にした健康相談を受け付けている所もあります。また医療従事者に対して、医療器具の取り扱いなどサポート業務を行うような仕事もあります。未経験者でも、マニュアルや研修のしっかりとしている所が多いので仕事に問題なく入れます。

 

ただし今まで臨床の世界で看護師として仕事をしてきた人にとっては、少し今までとは勝手の異なる業務であるという認識を持つべきです。たとえば、電話による対応やパソコンを使った作業などは、病院やクリニックではなかなか担当しないはずです。言葉で相手が納得できるような説明をしないといけないので、それ相応のコミュニケーションスキルも必要になると思ってください。

 

コールセンターで働く看護師の給料・福利厚生

コールセンターで仕事をする場合、給料はどのくらいもらえるかに関してですが、月給で20万円程度といったところが相場になるようです。日勤だけの業務なので、病棟勤務と比較すると少し給料は低めの傾向が見られます。ただしコールセンターサービスの中には、24時間対応できる体制を整えている所もあります。その場合には夜勤を担当することもでき、夜勤を担当すれば20万円よりもいい給料をもらえる可能性があります。

 

地域ごとに見てみると、都会の方が給料もよくなる傾向があります。東京では、正社員として就職した場合、月給25〜30万円以上の給料で募集している案件もあるほどです。

 

コールセンターを募集している所を見てみると、大規模な所も見られます。大規模な所を見てみると、福利厚生もきちんとしている所が多いです。たとえば、リフレッシュルームのような場所を設置している所もあって、休憩時間を使って気分転換できるようなケアを施している所もあります。

 

コールセンターのお仕事は肉体的負担が少ないのが魅力

病院などで勤務していた看護師で、転職を希望する人の中には体がついていかないからという理由を挙げる人も多いはずです。病院で勤務していると、患者の介助をしていかないといけません。もし体の不自由な患者の看護を担当することになれば、移動するときなどは患者の体を支えないといけないので結構体力を使います。

 

また介助が重労働ではない職場でも、肉体的にハードなことは間違いありません。基本的に病院勤務をしていると、勤務時間中はずっと立ちっぱなしで仕事をこなしていかないといけません。ですから慢性的な腰痛に悩まされている看護師の方も結構多いのです。

 

コールセンターに転職をすれば、基本的にずっと座り仕事になります。電話の応対をして、パソコンを操作する程度の業務だからです。このため、肉体的な重労働からは解放されます。もし若い時のように病院中を駆け回るような仕事ができなくなってきたと思うのであれば、コールセンターへの転職も検討すべきです。

 

また、コールセンター以外にも肉体的負担を少なく押さえながら働くことができる職場がいくつかあります。特に注目したいのは大学の保健室や企業の健康管理室などです。詳細は大学保健室で働く看護師求人ガイドなどを確認してみてください。